Browse Category by 保育 ヨコミネ式
保育 ヨコミネ式, 保育士

保育士と保護者が考えるヨコミネ式のメリットデメリット

ヨコミネ式
ヨコミネ式

前回からご紹介してきた、ヨコミネ式教育法。

ヨコミネ式教育法は、多くの保育士や保護者から注目を集め、さまざまな意見があげられています。ここでは、そのメリットやデメリットに関する意見を見ていきましょう。

 

★前回までの記事はこちら★

「ヨコミネ式教育法」の気になる特徴とは

ヨコミネ式教育法が関心を集めるポイント

ヨコミネ式
ヨコミネ式

ヨコミネ式のメリット・良い点

自ら設定した目標に向かって、一生懸命練習する子どもたちの姿にたくましさを感じました。私が勤めている保育園では、子どもたちが今後の人生で経験するであろう困難に対して、それを乗り越えるだけの精神力を果たして育てられるのだろうかと思います。実際にうちの園の保育では穏やかで刺激がないため、新しい遊びをする子どもが少なく感じます。ひとつの刺激として、ヨコミネ式はアリだと思います。(保育士)

どんどんと新しいことに挑戦していける環境は、興味津々な子どもたちにとってもぴったりの環境と言えそうです。

 

「できること」は「可能性や進路」に直結します。私たち大人にも言えますが、経験をたくさん持っている人と、経験が不足している人では、将来の可能性や進路の面でまったく異なります。勉強することは楽しいことであり、やればやるだけ自分には達成感が返ってきます。それだけに、子どもたちには「できること」を増やすことで世界が広がることを覚えてほしいのです。(保護者)

子どもたちの将来がきになる保護者だからこそ、良い未来をつかむために「今のうちに出来ることを増やしてほしい」と考えるのでしょう。保育園で身につけた「挑戦するくせ」と「出来るという自信」は、小学校、中学校だけでなく、一生役立ちそうです。

 

「うまくいかない…」というときでも、子どもは必ずその答えを持っています。子どもから学ぶ姿勢を大切にすることによって、横峯先生の言葉にあるように「できない子どもはいない、ただ時間がかかるだけ」という実例を、この5年間で何度も目の当たりにしました。自らの力で次のステップにたどり着けたとき、何物にも代えられないのが、あの瞬間の「子どもたちの笑顔」です。(保育士)

保育士自身も学ぶことが多いのがヨコミネ式。効率が悪い、時間がかかると敬遠しがちなことも、保育士も一緒に取り組むことができるので、より子どもたち1人1人に沿った保育の目線がもてるようになります。

子どもたちのできることが増える、というのをメリットに感じている保育士・保護者が多いようです。子どもたちのこれからの将来を考えると、自立して自分で道を切り開ける力がつくというのは魅力的ですね。

ヨコミネ式のデメリット・懸念する点

もちろん、良いことばっかりではありません。比較的長い間実践されている教育法とはいえ、デメリットや懸念点もあがっています。それらも見てみましょう。

それぞれの幼稚園や保育園には、いろいろなことを考えている子どもがいます。なかには、側転やバック転に興味を持たない子どももいるのではないでしょうか。たしかに、30年継続された教育法ですから、素晴らしいものだと思いますが、教育方法として良いものだからといって、どの子どもにもやらせるべきだとは思えません。(幼稚園教諭)

運動が苦手な子にも運動を、音楽に興味がない子どもにも音楽の時間を、というのは、子どもによっては退屈さや窮屈さを感じてしまうようです。

 

実際にヨコミネ式を実践する保育園に通わせている保護者の方から、子どもはできるようになることが楽しいという話を聞きます。ただ、骨折などのケガがとても多いともお話してくださいました。保護者としては、子どものケガには最も敏感になりますよね…。どうしても、安全面への配慮が難しいのではという印象があります。(保護者)

出来ないことに挑戦したり、頑張ろうとするからこそ、怪我も多くなります。子どもの成長は大切ですが、健康もそれ以上に重要なことですよね。

 

私としては、そこまで徹底しなくても、子どもの可能性を伸ばすことができると考えています。勤務先の近所にも、ヨコミネ式を導入している保育園があります。しかし、「ウチの子どもには、合わない気がする…」、「せめて幼いときだけでも、たくさん遊んでほしい!」という考えで、うちの幼稚園を選んでくださる保護者の方がいらっしゃることも事実です。(幼稚園教諭)

子どもや保護者によって、合う教育法と合わない教育法がある、ということは認識しておくべきですね。

ヨコミネ式
ヨコミネ式

賛否両論のヨコミネ式

こうしてみると、幼児教育関係者や保護者の間でも、賛否両論があることがわかります。

保育に対して求めることや考え方によって、ヨコミネ式教育法の受け止め方は人それぞれです。

子どもたちがたくましく成長する姿やできることが増えることで、潜在的な可能性が引き出され、自分の力にしていくことは、子どもたちにとっても大きなやりがいになることでしょう。

しかしながら、運動や体操のときに骨折をはじめ、ケガをしてしまったときの対応や、肌に合わない子どもたちにどのような対応をするのか、懸念される問題も少なくないようです。

 

まとめ

現在、幼稚園や保育園では、さまざまな幼児教育が実践されています。我が子を預ける保護者からしても、現場で保育をしている保育士からしても、「これがベストだ!」といえるものは、それぞれことなるのではないでしょうか。保育士の求人サイトを使った転職を考えている保育士さんにとっても、「ヨコミネ式」を取り入れている保育園、といった求人の絞り込みが最近は可能になっていますので、該当する園の見学をしてみるのが自分自身の知見を増やす第一歩になります。

ご紹介したヨコミネ式教育法についても、賛否それぞれの意見をご紹介しました。

とはいえ、ヨコミネ式教育法をはじめ、保育や幼児教育の在り方に見識を深めることは、今後自分が子どもたちとどのようにかかわり、どのように保育や幼児教育を実践していくのかを考えるための良いきっかけになることでしょう。

保育 ヨコミネ式, 保育士

ヨコミネ式教育法が関心を集めるポイント

卒園までに驚くような能力を身につけることができるヨコミネ式教育法は、それだけに「どれだけスパルタ教育をしているんだろう…」、「朝から晩まで勉強や運動でカンヅメなのだろうか…」と思う方も少なくありません。

しかし、提唱者の横峯氏は、あくまで「本来子どもが持っている力を引き出すだけ」だといいます。

子どもの自主性が育ちにくいといわれる詰め込み式教育や知識偏重教育とは異なり、ヨコミネ式ではあくまで大人は子どもたちの「やる気スイッチ」を見出し、それを入れてあげることに徹するのです。

多くの幼児教育関係者や保護者たちからの関心が集まったのは、このようなポイントと言われています。

 

ヨコミネ式の取り組み方の特徴とは?

ヨコミネ式では、子どもたちのやる気を引き出すために大切にする4つのキーワードがあるといいます。

競争したがる

幼少期の子どもたちには、純粋な競争心があります。

「もっと上手にできるようになりたい」、「あの友達には負けたくない」という子どもたちのモチベーションを維持するため、子ども同士を刺激し合い、それを与え合うようにしています。

マネしたがる

子どもたちがさまざまなことを習得できるのは、根本に「あれはできるかも…」、「これをやってみたい!」という興味です。

身近にそれができる子がいると、「自分も同じことをできるようになりたい!」という気持ちが芽生えます。その子が見せる手本をじっくりと観察し、コツコツと練習を重ねることによって、自然に自分もできるようになるそうです。

“ちょっとだけ難しいこと”をしたがる

横峯氏が指摘するのは、子どものやる気を引き出す難しさです。難しすぎることは、挑戦させてもやる気が維持できません。

逆に実力以下のことでは、やる気があっても飽きてしまうといいます。

そのため、子どもそれぞれの学習の進み具合に寄り添い、今できることよりもほんの少しだけ難しい課題を与えると、子どもはやる気をもってレベルアップをしていきます。

認められたがる

子どもは、ほめられると喜びますが、ただ「ほめて伸ばす」だけにとどまらないのがヨコミネ式です。

ひとつずつ子どもたちが“できること”を増やしたうえで、それを「できたね!」と認めてあげることによって、子どもたちに達成感が芽生え、学習意欲が向上するといいます。

ヨコミネ式
ヨコミネ式


 

ヨコミネ式の教育方法

ヨコミネ式教育法で取り組んでいる教育方法について、その一例を見ていきましょう。

英語教育

毎日子どもたちに英語の歌を20分聴かせて、歌わせます。英語のDVDを0歳児から見せます。このときに、あくまで「勉強している」ことを意識させないような工夫をしています。

3歳になると英語が耳になじんでくるため、自然に英語をつかったあいさつができるようになるそうです。ほかにも英語劇を通して、実際に英語のセリフを話すことによって、実体験の伴った英語を身につけることができます。

徒競走

必ず順位をつけるのが、ヨコミネ式の徒競走の特徴です。

ただし、子どものやる気を引き出すためには、誰にでも勝てる状況をつくる工夫を取り入れます。

実力に差が出やすい徒競走では、それに応じてスタートの位置をずらして、勝つチャンスをつくります。

ヨコミネ式体操

基礎的な体力はもちろん、精神力や忍耐力、さらにはバランス感覚の向上を目指すのが、ヨコミネ式体操です。

ストレッチやエビぞりなどによって、柔軟な体の使い方を身につけます。やがてカエル跳びや前屈、倒立などをしたり、友達と一緒に手押し車などに挑戦したりすることで、少しずつステップアップしていくのが特徴です。

フラッシュカード

フラッシュカードという教材を使い、脳をバランスよく使えるようにします。

ひらめきや想像ではたらく右脳と、総合力や表現力ではたらく左脳を同時に育てます。

計算

何度も繰り返して実践することを、計算では重視しています。

教材としてそろばん、たまたま算数、さらには100マス計算などを取り入れて、繰り返し実践していきます。

読書

大人は、子どもたちに「楽しそうな本」があることを勧めます。子どもたちが自ら興味を持って読書する工夫を取り入れます。

さらに、読書した本は、必ず記録することもヨコミネ式の特徴です。

鍵盤ハーモニカ

音楽教育にも力を入れているヨコミネ式では、鍵盤ハーモニカの演奏に取り組みます。

正しい指使いを覚えさせることは重視せず、あくまでも「音に触れる」ことを大切にしています。

子どもたちは、演奏できる曲目を1曲ずつ増やして、積み上げていきます。

ヨコミネ式
ヨコミネ式

保育 ヨコミネ式, 保育士

「ヨコミネ式教育法」の気になる特徴とは

ヨコミネ式
ヨコミネ式

2009年に放送された「エチカの鏡(フジテレビ系)」で紹介されたことをきっかけに、幼児教育に携わる方々や保護者の間で一躍注目を集めたのが「ヨコミネ式教育法」です。実際にこれを導入している幼稚園や保育園もあります。

これは、どのような教育法なのでしょうか。今回は、ヨコミネ式教育法で注目すべき点をご紹介していきます。

ヨコミネ式
ヨコミネ式

幼稚園や保育園でも実践例、ヨコミネ式教育法とは?

テレビ番組の内容から、ヨコミネ式教育法にはどうしても「特訓」や「スパルタ」的なイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。しかし、具体的にはどのようなことをしているのか、よくわからない方が多いのも事実です。まずは、ヨコミネ式教育法がどのようなものなのかを見ていきましょう。

 

目的は「3つの力」を引き出すこと

女子ゴルフ界の第一線で活躍している横峯さくらさん、その伯父でもある横峯吉文氏がヨコミネ式教育法の提唱者です。この幼児教育法の前提となるのは、「すべての子どもが”天才”」であり、子どもたちがもっている「自ら学ぼうとする力」に注目したものです。子どもたちには心の力、学ぶ力、体の力という3つの力があります。それぞれを育むことによって、その可能性を大いに引き出そうというのが、ヨコミネ式教育法の目的です。

 

◆心の力

他人を思いやり、トラブルや問題に直面してもくじけることがない心の力を育てます。子どもが自らの力でできることに対しては、大人は手を貸さずに見守ります。こうして、子どもたちにあらゆる経験を積ませることによって、たとえ失敗しても自らの力でそれを乗り越えようとする「心の力」を育てます。

◆体の力

子どもの運動神経は、6歳までに大きく発達します。つまり、幼児期に体のあらゆる部分をバランスよく動かすことによって、子どもたちがもつ運動能力の基盤となる「体の力」を育てます。

◆学ぶ力

学力の基盤となるのが、読むこと、書くこと、計算することです。これらを繰り返し何度も学習することによって、「学ぶ力」を育みます。子どもたちが自ら求める知識に対して、自らの意思で進んで学んでいけるようになることが目標です。

 

卒園までに子どもができるようになることとは?

子どもたちにヨコミネ式教育法を行うと、卒園までにどのような能力を身につけることができるのでしょうか。その一部を抜粋して見ていきましょう。

◆学習面

・ひらがなやカタカナを1文字ずつたどって読むことができる
・読破する本は1,500冊以上
・3歳から足し算ができる
・掛け算が卒園までにできる
・絵日記を描くことができる
・英語劇を20本以上行う

◆運動面

・側転、倒立、倒立歩行などができる
・11段の跳び箱を跳べる

◆音楽面

・絶対音感が身につく
・複数の楽器を演奏できる

ヨコミネ式
ヨコミネ式

まとめ

いかがでしたか?

わたしが勤務してきた保育園はヨコミネ式ではなかったので、保育園児で11段の跳び箱がとべるなんて・・・?!と驚いてしまいました。

普通の保育方法とくらべて、出来ることが格段に多いのがヨコミネ式保育の特徴のひとつでもあります。でもいったい、どのようにしてこのような発達ができるようになるのでしょうか?

次回は、ヨコミネ式に特徴的な保育方法を調べて見ようと思います。